伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

レーザー手術 アーカイブ

2005年4月27日

鼻レーザー手術1年2ヶ月後の様子

鼻レーザー手術をしてから1年2ヶ月後

鼻レーザー手術をしてから1年2ヶ月が経ちました。手術をしてから3ヶ月くらいは、嬉しくて鏡で自分の鼻の穴を見るのが趣味になっていたのですが、その後は鼻呼吸が当たり前になってしまって、鼻の穴に興味が無くなってしまいました。
今日久しぶりに鼻の穴を見てみたら、ちゃんとすき間が見えていました。(鼻炎があると鼻の粘膜が腫れて詰まっているので、空気の通るすき間が見えません)

すばらしいです。

鼻レーザー手術はすぐ効果が無くなってしまう場合があるらしいのですが、とりあえず、1年持ったようです。 鼻が詰まっていた頃はあれこれ悩んでいて鼻レーザー手術が効かなければ、鼻中隔湾曲症の本格的な手術をしなければいけないかなと思っていたのですが、今のところ必要ないような気がしています。

スギ花粉シーズン終わりです

三月の中頃に薬をもらって、飲み薬が4月に入った頃に無くなってしまいました。耳鼻科に行かなければと思いながら、まだ残っていた点鼻薬と目薬とマスクでしのいでいたら、意外としのぐことができてしまいました。晴れていても スギ花粉飛散情報を見ると、ほとんど花粉が飛んでいないようなのでここ最近は、マスクなしで外出してもクシャミも鼻水もほとんど出なくなってきました。と言うことで再度耳鼻科に行くことなくスギ花粉のシーズンが終わろうとしています。

2005年のスギ花粉がやっと終わってきたようです。スギ花粉が終わるとヒノキの花粉が飛ぶようですが、今のところヒノキは大丈夫なようです。

今年のスギ花粉症のまとめ

花粉が沢山飛んでいる時は何をやっても意味がないです。
花粉の飛散量がピークで1000個とか2000個とか飛んでいるような時は、マスクをしていようが、薬を飲んでいようが、レーザー手術をしていようが、サプリメントを飲もうが意味がない気がしました。

薬よりも・・・

空気清浄機を24間付けっぱなしでシーズン中は窓をほとんど開けないので部屋の中には花粉はほとんど無いはずなのに目は痒いしクシャミも出ます。よく考えてみると花粉を持ち込んでいるのは自分でした。服や髪の毛に花粉をたっぷり付けたまま部屋に入れば花粉を持ち込んでいることになります。帰宅してからすぐにシャワーを浴び、花粉をすべて落とせば結構楽になります。

低温方式

アレルギー体質に発芽玄米は良いに違いないと、やってみたら大変なことになってしまいました。水をこまめに換えないと玄米からザリガニの臭いがしてきます。あまりのショックにそれ以来、発芽玄米という言葉を封印して普通の玄米を食べていたのですが、玄米を冷蔵庫を使い低温で発芽させる方式があると聞きました。
玄米を軽く研いでから密封容器に入れ、水をひたひたに入れて野菜室で丸1日くらいおくと発芽玄米になっているそうです。
本当に発芽玄米になっているのかよく分からないのですが、水を換えなくても絶対にザリガニ臭くならないので満足しています。

レーザー手術

2004年5月10日

鼻レーザー手術と耳抜き

2004年04月20日の海洋公園は鼻レーザー手術をした後、初めてのダイビングでした。レーザー手術をした後なので、耳の抜け具合が劇的に良くなっていると期待していたのですが、感想としては、右耳が抜けにくく感じました。

考えられる理由

右側の鼻は鼻中隔が曲がって細くなっているのでレーザーの効果が出にくいと言われていて、実際、左に比べると詰まっている感じがします。左は右とは逆に広くなっているので良く通るようになりました。
左は良く通るようになったので、耳も抜けやすくなり、レーザーの効果がイマイチだった右側が、抜けにくく感じたのではないかと思われます。

ブランクがあったからかもしれません。

4月20日のダイビングは今年の潜り始めで、前回のダイビングから4ヶ月のブランクがあり、エントリーしてから潜降後10分くらいまでの間かなりアップアップしていました。なので、落ち着いていれば右も抜けていたのかもしれません。

右も抜けやすくするために・・・

今、耳抜きをしてみたのですが、やっぱり右側が抜けにくいような気がします。本当のところはよく分から無いのですが、鼻の通り具合と耳の抜け具合が比例する様な気がしないでもありません。こんな事を書いていると、また、鼻中隔湾曲症手術をやってみたくなってしまいます。

レーザー手術

2004年4月26日

鼻レーザー手術8週間後の様子

鼻のレーザー手術をしてから、8週間が経ちました。

現在の鼻の様子

鼻中隔湾曲症っぽいので、細くなっている右側は効果無いかもしれないと言われていたのですが、
今のところの印象としては、






左の穴右の穴
鼻中隔湾曲で広くなってる狭くなってる
レーザー手術をする前たまに通るときがある常に詰まってる
レーザー手術をした後ほとんど通っている、
詰まることはあまり無い
たまに詰まったり、
通りづらくなる

こんな感じです。

人間は贅沢

最近、右側の通りがチョットでも悪くなると、それがとても気になるようになっています。「もっと、鼻が通るようになりたい!!!」と言う思いが頭の中を駆けめぐり、「鼻中隔湾曲症の手術しちゃおうっかな~」と言う衝動に駆られます。そして、鼻中隔湾曲症手術の事をネットで調べたりしています。

レーザー手術をする前は、「チョットでも鼻が通るようになれば・・・」と謙虚な気持ちだったのですが、今は謙虚な気持ちがすっかり無くなってきてしまいました。

1週間も入院するのは嫌・・・

「そんなにやりたいのなら、鼻中隔湾曲症手術やればいいじゃん」と、思う方もいると思われますが、わたしが、嫌なのは手術につきものの1週間に渡る入院です。
「鼻の通りを良くしたい」と思って調べ始めても「1週間の入院は嫌だなぁ・・・」で、話が終わってしまう感じだったのですが、なんと1泊2日の入院で手術をやってくれる病院がありました。

1泊2日!!

すごいと思う反面、大丈夫なのかと言う感じもありました。その病院のホームページを見ると、
1週間入院させる理由は、
手術後急変しちゃう割合が100人に1人くらいの場合でも、医者も患者もそれが怖くてみんな入院させよう(しよう)と思うから、らしいです。欧米基準らしいです。
「入院させたいお医者さんと入院すると安心する患者さん」話としては、納得できます。
そういえば10年くらい前に、アメリカの病院は、出産した翌日に退院させてると聞いてビックリしたことがありました。

今度は鼻中隔湾曲症手術やろうかな

鼻レーザー手術の有効期限は長くても1~2年くらいと言うことですから、今度鼻の調子が悪くなってきたら、鼻中隔湾曲症手術をやってみようかなぁと思っています。

レーザー手術

2004年3月22日

鼻レーザー手術3週間後の診察

医師「どうですか?」
私「風邪を引いたみたいで、詰まってしまいました。」


鼻の中を見る

医師「傷は綺麗になってきてるね。詰まっているのは風邪ですね。」
私「あ、そうですか・・・。」
医師「それじゃあ鼻洗浄しましょう。」

鼻洗浄する

医師「薬どうしますか?風邪の薬何か出しますか?」
私「風邪の薬で鼻づまり治りますか?」
医師「風邪の鼻詰まりは薬では治りません。点鼻薬出しておきましょうか?」
私「じゃあお願いします。」
医師「点鼻薬は一日一回までにしておいてください。癖になりますから。」
私「一回までですか。分かりました。」
医師「傷口も良いみたいですからこのまま様子見てください。吸入していってください。」
私「??じゃあ、詰まったりすることがあればまた来ればいいって事ですか?」
医師「そうですね。」

ネブライザーをして終了

安心したこと

手術の経過は良くレーザーで焼いたところも綺麗になってきているようで、鼻づまりの原因が風邪だと言うことが確認できました。風邪が治れば鼻が通るようになると分かって安心できました。

驚いたこと1
経過が良いので、もう通わなくて良いみたいです。
いままで、鼻づまりは治らないので耳鼻科にはずーっと通い続けなければならないと思っていたのですが、このまま鼻が詰まることがなければ、通わなくて良いと言われました。レーザー手術の効果は一時的みたいなのですが、一時的にせよ鼻づまりが改善して耳鼻科に通わなくてすむとは思いませんでした。

驚いたこと2

私は熱はないもののノドはガラガラで鼻づまりの状態でした。にもかかわらず「風邪の鼻詰まりは薬では治りません。」と言えるお医者さんは、なかなかすごいなと思いました。今回もらったトークという点鼻薬も私が希望しなければ処方はされなかった気がします。「風邪は寝てれば治る」を実践している様です。

まとめ

アレルギー性鼻炎で、結構長い期間治療しているにもかかわらず、なかなか良くならない人はレーザー手術で、幸せになれるかもしれません。

レーザー手術

2004年3月21日

鼻レーザー手術1~3週間後の様子

1日1つの「かさぶた」(手術から1週間後~2週間後)

「かさぶた」が張り付いているときは若干詰まっている感じがしましたが、しばらくして「かさぶた」が取れるとスッキリと鼻呼吸できるようになりました。 だいたい、朝起きて鼻が通りにくい感じがするので、鼻をかむと「かさぶた」が出てきて、夜頃かさぶたが堅くなり始めると鼻の通りが少し悪くなっているような気がしました。

順調です。(手術から14~16日後)

手術後2週間を過ぎたあたりから、あまり「かさぶた」が出来なくなっていました。鼻もほとんど詰まることが無くっていて、鼻で呼吸できることが当たり前な気がしてきていました。
花粉症??風邪??(手術から17日後)
野球のオープン戦のチケットが当たりました。普段この時期はスギ花粉が飛びまくりなので、野球観戦みたいな長時間連続して屋外にいようとは思わないのですが、今年は、花粉の飛ぶ量が少なく鼻の調子が良いので、行ってみることにしました。アレルギーの薬は飲んではいないものの、外出するときは必ずマスクをしていますし、今回野球を見に行くときももちろんしていました。野球を観戦している最中、目が痒くなったり鼻水やクシャミが出ることもありませんでした。しかし、野球を見終わって家に帰ってきたときあたりから、クシャミ出始め鼻水が大量に出てくるようになってしまいました。

花粉症??風邪??(手術から18~19日後)

翌日(手術から18日後)も雨が降っていておそらく花粉が飛んでいないのに鼻水は止まりませんでした。
翌々日(手術から19日後)レーザーやったばかりなのになんでこんなに鼻水クシャミが出るんだ???と疑問に思っていたのですが、朝頃から咳が出始め、ノドが痛くなってきました。アゴのところの扁桃腺も腫れてるみたいなので、どうやら風邪引いいてたみたいです。

元の木阿弥な感じです。(手術から20~21日後)

熱はないもののノドが痛く咳が出ています。鼻水の量は少なくなってきましたが、鼻の粘膜が腫れて詰まってます。両方とも詰まり気味なのですが、やっぱり鼻中隔が湾曲して狭くなっている右側の方が良く詰まるので、ネットで鼻中隔湾曲症手術の体験記を読みあさってしまいました。

風邪が治れば鼻が通るようになるのか??
そもそも本当に風邪を引いているのか??
まさか、もうレーザーの効果が無くなってしまったのか??
明日は耳鼻科に行く日なのでその辺のところを聞いてきたいと思います。

レーザー手術

2004年3月 9日

レーザー手術1週間後の診察

レーザー手術をした後1週間後にまたきてくださいというので、行ってきました。

予後は良かったようです。
医師「どうですか?」
私「結構良いです」

鼻を見る

医師「良いみたいだね。問題はこれが何時まで続くかなんだよね。これ持って」

金属製のお皿を渡される

医師「下向いて、アーって言って。」私「アー」

鼻に水を入れられる。
吸引される。

医師「じゃあネブライザーやって、2週間後に又来て下さい。」
レーザーの効果は半年くらいしか続かないとか、 1~2年くらいは続くなど永久的な物ではないことは手術前から知っていたもののお医者さんに面と向かって「問題はこれが何時まで続くかなんだよね。」と言われると、目を背けていた現実を突きつけられたようで、ショックでした。でも、今だけでも鼻がスースーと通っているのはとても幸せな気分です。

「かさぶた」地獄

今朝耳鼻科に行く前に「かさぶた」が取れて夜また出てきました。そして、「かさぶた」が取れてから4時間ぐらいしか経っていないのに、鼻の中を見ると既に「かさぶた」みたいなのが出来てきています。明日の朝あたりにまた出てきそうです。いったい何時「かさぶた」から解放されるのでしょうか・・・。

レーザー手術

2004年3月 8日

鼻炎レーザー手術から90~149時間後の様子

手術から5日目の朝(手術後90時間後)

朝起きるて鼻をかむといつものように黄色い鼻水が出ました。鼻が曲がって細くなっている方の鼻(右)が詰まっていて、反対側(左)は通っていることが多くなりました。これって、手術前と一緒・・・。まだ、手術から1週間経っていないので何とも言えないのですが、やっぱり、鼻中隔湾曲症の手術をしなければならないのかなと思ってきました。

デカイかさぶた(手術後98時間後)

相変わらず鼻が曲がって細くなっている方(右)が詰まっています。自分なりに理由を考えてみますと、
左右同じように粘膜の腫れが収まってきても、鼻中隔が(右に)曲がって狭くなっているのでなかなか通るようにならないのではないか。と言うことになりました。で、そんなことを考えながら鼻をかんでみたら、鼻水とともに大きめの「かさぶた」が出てきました。ちなみに、詰まっていない方の鼻(左)から出てきました。

鼻が通ってます。(手術後103時間後)

鼻中隔湾曲症の手術をしなければならないかなぁ、と心配していたのですが、急に両鼻が通るようになってきました。このまま詰まることなく通っていてくれればなと思います。今まで経験したことのないくらいの勢いで、鼻の中に空気が入ってきます。そうすると、手術で焼いた部分がヒリヒリします。何となくこのヒリヒリが刺激になって鼻水が出てるような気がします。例によってまた鼻の穴を見てみると、取れて無くなったはずのかさぶたがまた出来ていました。「かさぶた」は出来たり取れたりを繰り返すようです。

手術から6日目の朝(手術後115時間後)

朝起きて鼻をかむと、また「かさぶた」が出ました。鼻の穴を見てみると、昨日あった「かさぶた」が無くなって血がにじんでいました。「かさぶた」はまだまだこれからも出来そうで、粘膜にはこれから「かさぶた」になりそうなところがありました。鼻はまだ通っています。鼻が通るのは嬉しいことなのですが、吸い込んだとき冷たい空気に刺激されてヒリヒリして痛いです。

鼻中隔湾曲症(手術後123時間後)

鼻中隔が曲がって細くなっている右側が詰まってきました。粘膜は確かに少なくなりましたが、出っ張った鼻中隔でふさがっています。やっぱり鼻中隔を工事しなければ本当の鼻スースー生活は実現しないのかなと思ってきました。

手術から7日目の朝(手術後139時間後)

鼻中隔が曲がって細くなっている右側が詰まっています。広い方の左側は通っていて粘膜には「かさぶた」が付いているので、それが取れればもっと通るようになると思います。

有り得ない大きさ(手術後144時間後)

鼻水はほぼ収まっていて、鼻をかむ回数も1日数回というレベルになりました。お昼頃鼻をかんでみると、広い方の左側の鼻から大豆くらいの大きさの「かさぶた」が出てきました。今までにない大きさなのでビックリしましたが、かなりスッキリしました。

バランスが大事(手術後149時間後)

細くなっている右側もずいぶん通るようになってきました。しかも、鼻で思いっきり呼吸してもヒリヒリ痛いと感じることが無くなりました。右側が手術前に比べ通るようになったとしても、左側が何の抵抗もなく呼吸できるようになったため、右側の詰まりが強いように感じてしまいます。

レーザー手術

2004年3月 5日

鼻炎レーザー手術から42~82時間後の様子

3日目の朝(手術後42時間後)

アレルギー鼻炎のレーザー手術を受けて2回目の朝は前日の様なひどい口の渇きはありませんでした。これは、手術当日のような酷い鼻づまりが解消されて鼻呼吸が出来ていたためだと思われます。午前中は時より鼻水が出てくるためティッシュが手放せない状態だったのですが、手術後48時間経ったお昼頃になると鼻水の量も減ってきて、瞬間的に鼻が通るようになるなど、鼻の詰まりがだいぶ軽くなってきました。

鼻粘膜に「かさぶた」(手術後48時間後)

手術直後鼻の穴を見たときは粘膜がレーザーで焼かれたため隙間があったのですが、鼻づまりが酷くなると粘膜の腫れは手術前に戻っているように見えていました。手術後48時間後の鼻づまりがある程度軽くなってから、粘膜を見てみるとレーザーで焼かれた部分が白く変色して「かさぶた」のようになっていました。

4日目の朝(手術後66時間後)

4日目の朝起きてから鼻をかんでみると、大量のネバネバした黄色い鼻水(黄色いが濁っているわけではない)とともに変なものが出てきました。多分「かさぶた」だと思います。改めて鼻の穴を見ると「かさぶた」は少なくなっていました。しかし、鼻粘膜は白っぽくなっていて、まだ腫れている感じがします。鼻は詰まったり通ったりを繰り返しています。鼻がスースーと通っているときに冷たい空気を吸うと鼻の奥がヒリヒリしてきます。

一部開通(手術後74時間後)

鼻水はたまに出る程度になりました。鼻は相変わらず詰まったり通ったりを繰り返しているのですが、若干通っている時の方が多くなってきたような気がします。鼻の穴を見てみると鼻粘膜の腫れが少し引いていて一部開通している様な感じになりました。

鼻が良くなり気分も良くなってきたので入浴(手術後82時間後)

手術の時に医師からもらった紙に「手術当日の入浴・洗髪は不可、但し軽めシャワーは可」と書いてあったのですが、鼻づまりが酷くゆっくりお風呂に入ろうという気分にならなかったので、手術翌日からシャワーだけですませていました。今日は鼻の通りがずいぶん良くなってきたので、手術から4日目の夜、初めて湯船につかりました。お風呂から出た後、鼻の穴を確認すると腫れがまた少し引いたかなと思いました。いままで、鼻中隔なのか腫れた粘膜なのかよく分からなかったのですが、鼻の穴の見通しが良くなると、鼻中隔が素人の私にも判別できるようになり、悲しいことに鼻中隔が右に曲がっていることも確認できました。

レーザー手術

2004年3月 3日

レーザー手術は後が辛い。

急に鼻水が(手術後3~4時間後)

手術後3~4時間後から急に鼻水が出てきました。鼻水の量はものすごくて、ゴミ箱はティッシュの山ですぐに満杯になりました。鼻の下は鼻のかみすぎでガビガビになりました。

鼻水から鼻づまりへ(手術後7~8時間後)

最初は鼻をかめばかんだだけ鼻水が出ていたのですが、手術後7~8時間後の夜頃には、だんだんに出てくる鼻水の量は少なくなり、ただ鼻が詰まっているだけになりました。鼻づまりは鼻のあたりが重いなと感じられるくらいいつものとは比べものにならないくらいすごいものです。

口の中はカラカラ苦しくて眠れない・・・(手術後12~18時間後)

口でしか呼吸できないため、口の中はカラカラ。口の中が乾燥しないようにとマスクをするのですが、たまに、なんの前触れもなくいきなり鼻からツーッと鼻水が垂れてくるので、マスクが汚れないようにと、ティッシュで作った鼻栓をしました。こんな状態で寝ようと思ってもなかなか眠れるもんじゃありません。

朝起きてみたら・・・(手術後18時間後)

やっとの思いで眠りにつき起きてみたら口の中がカラカラ口の中の粘膜が干物のようになってしまいました。ただ、寝て起きたら鼻づまりは、かなり軽くなってきていて山は越したかなと言う感じになりました。

落ち着いてきました(手術後30時間後)

手術後30時間くらいたった翌日夕方頃になると、鼻で呼吸できる機会が増えてきました。やっと手術前の状況に近づいてきた感じです。

手術の後が辛かった

手術後の痛みですが、麻酔が切れ始めた時にヒリヒリする感じはあったので1回だけ処方された痛み止めを飲みましたが、その後あまり痛いという感じはしませんでした。レーザー手術の後2~3時間後からしばらくの間、酷い鼻風邪にかかったようになります。手術で体が傷ついたことが原因なのか、鼻づまりのため眠れないためか、よく分かりませんが、風邪の治りかけの時のような倦怠感がありました。体が疲れているにもかかわらず鼻づまりが苦しくて眠れない夜中には、「自分の鼻は一生詰まったままになってしまったのではないかという」手術したことを後悔するような感情におそわれました。

手術後の辛さは予想外・・・

手術中の痛さのことや手術の効果のことはあれこれ考えましたが、手術後の鼻水鼻づまりがこんなに酷いものとは思いもしませんでした。 喉元過ぎれば熱さを忘れると言うことわざがあるので、このまま、鼻づまりが収まり鼻がスースーするようになれば、今回の鼻水鼻づまりのことは忘れてしまうのでしょうが、辛かったです。

レーザー手術

2004年3月 1日

鼻レーザー手術やりました。

1週間前にやったアレルギー検査の結果を聞きに耳鼻科に行ってきました。

検査の結果を聞きに行ったはずが・・・
医師「この前の薬(オノン)を飲んでどうですか?」
私「たまに、鼻が通るときがあるくらいです。」
医師「その程度しか効いてないのか・・・」


アレルギー検査結果の紙を渡される。

医師「この前の検査の結果はスギの花粉と、ハウスダスト、ダニなんかに反応が出てるみたいです。」
私「はい。」
医師「ハウスダストにアレルギーがあるのならレーザーやってみましょうか。」
私「はい、お願いします。」
医師「で、いつやります?」
私「いつ頃が良いでしょうか?」
医師「いつでも良いけど、今日も出来ますよ。」
私「え!今日できるんですか?」
医師「もうすぐ12時で昼休みだから、出来ますよ。今日やりますか?」
私「あ、じゃあお願いします。」
医師「じゃあ即決と言うことで、やりましょう。チョット待合室で待っててください」

どうやらアレルギー性鼻炎のレーザー手術は時期が限られるスギ花粉症だけの人より、ハウスダストなど通年性のアレルギーを持っている人の方が良いみたいです。

麻酔
待合室で待つ・・・
10分も経たないうちに呼ばれる

医師「麻酔の付いたガーゼを詰めますね」
私「あのう、レーザー手術した後ダイビングできますか?」
医師「明日とか明後日とかの話じゃないよね?」
私「そんな急な話ではなくて・・・」
医師「普通に出来ますよ。」

麻酔の付いたガーゼを入れる・・・

医師「手術自体はあんまり痛くないんだけど、ガーゼ入れるのが辛いかも」

片方に2枚くらいずつガーゼを入れる・・・
ビビっていないつもりだったのですが、体が子犬のように小刻みに震えているのが分かりました。

医師「じゃあ、待合室で待っててください。10分位したらガーゼ交換します。」

待合室で待っている時、鏡に写った自分の顔を見ると鼻の穴からガーゼがちょっと見えてて恥ずかしい・・・
10分位したら呼ばれる。

麻酔効いているのだろうかと疑問だったのですが、ガーゼ交換しているのにその感覚が無かった・・・
麻酔効いていたらしいです。

しかし、今度はガーゼ沢山詰めている、鼻の穴にそんなに物を詰めたら壊れちゃうんじゃないかと思ったのですが、痛いとか、突っ張るとか、感覚はありませんでした。

医師「じゃあ、また待合室で待っててください。」

待合室にいる時また鏡を見た。よーく自分の顔を見てみると鼻が曲がっているのに気が付いた・・・レーザー効果あるだろうか・・・診察室ではレーザーの機械をセッティングしているようでした。

レーザー手術開始!!
医師「どうぞ」

呼ばれた・・・う~んやっぱりチョット怖い
診察椅子に座ると、もうどうにでもなれ!!と言う感じになった。

医師「レーザーの光を見ると危ないからアイマスクつけておいてください」

手術しているのが見えるのも嫌だと思われますが、何にも見えないのも嫌な感じです。

医師「それじゃあ始めます。焼くので焦げ臭い感じがしますが我慢してください。痛かったら言って下さい。」
私「はい」

ジリジリ・・・・ジリジリ・・・・
イヤーな音が聞こえてきて、焦げた臭いがしました。焦げ臭で、牛とか豚とかを焼く匂いとはまた違った感じでした。目隠しをしていて、鼻の麻酔が効いているので結局何をされているのか良く分からないという感じです。

最初痛みは無かったのですが、麻酔の効きが弱いところがあるらしくて最後の方ツーンとした痛みがありました。痛いと言おうかと思ったら、

医者「じゃあ、反対側やります。」

反対側でも相変わらず焦げ臭とジリジリ音がします。最後の方でズ~ンと言う痛みがあったので

私「痛いです。」

と言ってみたら、

医師「麻酔効いてない所があったみたいだね」

と言いながらも、最後まで焼いてました・・・。歯医者さんと同じ方式だなと思いました。痛みといってもそれほど痛いものではなく十分我慢できるものです。

手術無事終了
医師「レーザー効果あるといいですね」
私「はい」
医師「薬どうしましょう?」
私「え~っとどうしましょうか?」
医師「じゃあ、効果を見るためにアレルギー薬無しということにしましょうか?」
私「はい」
医師「2時間くらいすると麻酔が切れて痛くなってくるから、痛み止めだけ出しておきますね。」
私「はい」
医師「1週間したら効いているかどうか見ますのでまた来てください。あと、これ読んでおいてください」
とレーザー手術を受けたあとの注意書きが書かれた紙を渡されておしまい。

渡された紙には
手術後2時間後くらいからヒリヒリしたり、シクシクと痛む時があるけど1週間くらいでなくなります。
レーザーをやると今まで以上にくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー反応が強く出ることがあるけど1~2週間位で収まる
当日はお風呂はダメ。1週間くらいは運動・酒・タバコは控える
などということが書かれていました。

お代
ちなみに3割負担で\9600と、痛み止め\370でした。

レーザー手術

About レーザー手術

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「レーザー手術」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ