伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

12月のログ アーカイブ

2006年12月 6日

2006年12月06日(水)三宅島のダイビングログ






三宅島010 2006年12月06日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年12月06日(水)三宅島雲16℃北-弱17℃15mロクハン


フィン早く脱ぎすぎ・・・


やはり、冬は風が強いので波が高くなりがちです。
その為、エントリー・エギジットに手間取ると波にもまれたりします。
いつもフィンを脱ぐタイミングが早いなと思っているのですが、
早めにフィンを脱いで足が着かずにおっとっととやっているうちに、
さらに沖に流されたり浜に近づいたりしているうちに
大きめの波が来て、のまれます。のまれた時のために、
完全に陸に上がるまではレギュレターで呼吸するようにしています。
その対策よりも、波に飲まれないようにするのが先なのですが、
どうも、波にビビリ「早く上がろう」と焦っている様で早くフィンを脱いじゃうみたいです。

根の上は揺ら揺ら


こんな波の状況なので浜近くの浅いところは結構濁っているのですが、
少し沖に出るだけで、何事も無かったように見えるようになります。
根の上の浅いところは、ゆらゆらと揺らされるのですが、濁っていません。

揺ら揺ら撮影法


ただ魚を見るだけなら問題ないのですが、写真を撮る時この揺れは、なかなか厄介です。
体を固定しようとは思わずに、波のゆらゆらされながらカメラの設定を確認しながら
波の動きを覚えてシャッター半押しでタイミングを見計らい、
エイッと押せば大体うまくいくような感じです。
根の上は明るいのでシャッタースピードが速いのであんまりブレずに済むんだと思います。






12月06日(大潮)
         満潮干潮満潮
潮時06:3511:2416:35
潮高148cm105cm156cm




この日撮影した壁紙費用


12月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2006年12月 5日

2006年12月05日(火)三宅島のダイビングログ






三宅島009 2006年12月05日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年12月05日(火)三宅島雲晴16℃西-弱17℃15mロクハン


やはりロクハンは暖かいです。風がふいても表面がすぐ乾くので寒くないですし、
しばらく着ていたら逆に暑く感じたりもしました。

ロクハン苦しい・・・。


でも、ロクハン苦しいです。元々生地が分厚くて潜りにくいと言うのもありますが、
縮んだか、私がいつの間にか成長してしまったのかもしれません。


で、2本目も苦しかったのですが、潜っている最中、首のところをめくって海水を入れてみたら
苦しさは解消されました。海水が冷たいのは一瞬だけでそんなに気になりませんでした。
もっと早く気がつけばよかったです。

キビナゴの群れ


海の中をふらふら泳いでいると小さい小魚が2~3匹横切りました。
「なんだろうなぁ?」と小魚たちに目をやっていると、さらに小魚たちが通り過ぎていき
気がつくと小魚たちの群れに囲まれていました。
ものすごいスピードで横切っているのにしばらく見れていたので、
軽く数万とか、数十万はいたんじゃないかと思います。
すごい迫力でした。


ツバメウオ?


ガイドさんが指をさすので、そっちを見てみるとなんか銀色の塊のようなものが見えました。
その塊はすぐに行ってしまってなんだか分からなかったのですが、
陸に上がってからツバメウオだったと聞きました。
もっとよく見てみたかったです。






12月05日(大潮)
         満潮干潮満潮干潮
潮時05:5110:4716:0023:19
潮高149cm103cm156cm-6cm



この日撮影した壁紙費用



12月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2003年12月10日

2003年12月10日(水)大瀬崎のダイビングログ





大瀬崎17  2003年12月10日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年12月10日(水)大瀬崎晴12℃北東-中19℃10mロクハンカブリ

昨日は穏やかな天気だったのですが、昨日の夜から風がふき始めお昼頃まで結構風がふいていました。
朝の天気予報でも一番の冷え込みですと言っていただけあって寒かったです。天気も晴れてはいるものの昨日よりも雲が多い感じでした。

風呂は良い


風がふいて寒くなると体を温めたくなるのですが、大瀬崎は大抵サービスにお風呂があるので体を温めることができます。
温水シャワーを浴びても温まることは出来るでしょうがやっぱりお風呂にはかないません。
私がこの時期海洋公園ではなく大瀬崎に行きたいと思うのは、このお風呂があるからです。

ネジリンボウ


湾内でネジリンボウを見ました。巣穴からペアでじっとしていて、
しばらく観察していると巣穴からエビがひょこっと出てきたりします。
最初遠くから写真を撮っていたのですが、ガイドの人が「ゆっくりなら近づけます」とスレートで教えてくれたので、
ゆっくりと近づくと1m位のところまで近づくことが出来ました。


下調べ12月8日この日撮影した壁紙 なし費用


12月のログ , 2003年のログ , 大瀬崎のログ

2003年12月 9日

2003年12月09日(火)大瀬崎のダイビングログ





大瀬崎16  2003年12月09日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年12月09日(火)大瀬崎晴15℃無風19℃10mロクハンカブリ

久しぶりの大瀬崎になりました。泊りがけで楽ちんなのですが、今回は前日沼津に前泊(ホテルフォーミュラ1沼津インター
したため更に楽ちんなダイビングになりました。

天気など


天気もよく風もふかなかったのでポカポカとは行かないまでもいい天気になりました。
透明度はそんなに悪くないと思うのですが、
最近潜っていた海洋公園と比べてしまうと濁っていたと思います。
水温は19℃とロクハンで十分な感じでした。

ゲージつけました


ホースレスコンピュータを使っていたため私のファーストステージには、残圧計のホースが付いていなかったのですが、
いろんな理由からくっつけてみました。
で実際使ってみた感想なのですが、バルブを開けたとき確実に残圧の確認が出来るのがやっぱりいいなと思いました。
ホースレスコンピュータの場合バルブを開ける時、その場にコンピュータがあって、電源が入っていてしっかりと電波を受信しなければ、
残圧の確認が出来ないのですが、
今まで残圧を確認出来ないまま潜っていることが良くありました。
幸い受け取ったタンクの残圧が少なかったということが無かったので、問題は無かったのですが、
確認が出来ないのは危ないことです。
残圧が確認できただけでも付けてよかったのですが、
残圧計に付いたコンパスも見やすくて良かったです。

ロクハン破れる


腕をしっかりとBCに通してからでないと次の腕が通しづらいのですが、
今回通しづらいのに「エイッ」と無理やり通したためロクハンの腕がえぐれました。
えぐれただけだからいいかと思いそのまま潜りましたが、
ロクハンを脱いでよく確認してみると、もう1ヵ所くの字型に破れていました。
サービスの人にウエットボンドを貸してもらい、断面に付いている水分を拭いて薄く延ばして
接着剤が乾くまで少し待ち、圧着してお昼ごはんを食べ終わってから確認してみると、
傷跡は残っているものの何事も無かったようにくっついていました。


下調べ12月8日この日撮影した壁紙費用



12月のログ , 2003年のログ , 大瀬崎のログ

2002年12月17日

2002年12月17日(火)大瀬崎のダイビングログ





2002年12月17日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2002年12月17日(火)大瀬崎晴16℃16℃12mロクハンカブリ

昨日の晩かなり激しい雨と風が吹きました。その影響から、外湾は大荒れでした。
と言うことで、今日は2本とも湾内でのダイビングと言うことになりました。

クマドリイザリウオ


ノソノソと魚とは思えない可愛い動きをするイザリウオを見ました。10cm位のオレンジ色の普通の奴と、1cm位の黒地に黄色い半天のあるクマドリイザリウオを見ました。
どうやら、クマドリイザリウオは貴重らしいです。

クロユリハゼ


クマドリイザリウオを見る為に30m位の所に行った為安全停止をかねて5m位の所で5分くらい自由行動になりました。
魚の群をボーっと見ていたら、見たことがないきれいな魚を見ました。名前が分からないのでスレートに特徴を書いてログ付けの時にガイドの人に名前を尋ねたら、
クロユリハゼという名前でした。このクロユリハゼという魚は珍しい魚みたいで、他の人に教えなかったのは、いけなかったみたいです。
今回の大瀬のダイビングでは、色々珍しい魚を見ることが出来ました。

費用



12月のログ , 2002年のログ , 大瀬崎のログ

2002年12月16日

2002年12月16日(月)大瀬崎のダイビングログ





2002年12月16日(月)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2002年12月16日(月)大瀬崎晴16℃18℃15mロクハンカブリ

気温・水温


寒かったらどうしようと思っていたのですが、気温水温とも高めでそれほど寒くなく、潜ることが出来ました。
もう少し、気温と水温が下がっても、現地サービスに温水シャワーが有って、暖かい場所で水面休息をとることが出来れば、大丈夫そうです。


午前中はそうでもなかったのですが、午後から西からの風が強くなり、外湾で潜れなくなりました。
やはり、冬は季節的に西からの風の日が多いみたいです。

タツノオトシゴ


魚の中で、一番特徴的な体をしていると言っても良い感じがする、タツノオトシゴをはじめて見ることが出来ました。
正確に言うと、この日見たのはタツノオトシゴの仲間のタカクラダツを見ました。
ロープにしっぽを絡めて、擬態をしていました。
こちらがじーっと見ていても見つかっていないと思っているようで逃げませんでした。

費用



12月のログ , 2002年のログ , 大瀬崎のログ

About 12月のログ

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「12月のログ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは11月のログです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ