伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

1月のログ アーカイブ

2005年1月18日

2005年01月18日(火)グアムのダイビングログ






グアム1  2005年01月18日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年01月18日(火)グアム晴31℃北-強28℃15m3mmシーガル

穏やかだと思ったら・・・


夜ホテルに到着して海を見ると、凪いでいました。「台風が近いのに、何でだろう?島の反対側だからかな?」とか思っていたのですが、
翌朝、海を見てみるとなぜ凪いでいるかが分かりました。ホテルから見えるタモン湾は外洋と湾の間にサンゴ礁があって湾の中まで波が来ないようになっていました。
サンゴ礁の外側を見ると白波が立っていました。

ホテルからの送迎


ホテルのロビーで待っていると迎えの方が来ました。ホテルが集まっているタモン地区からしばらく走って行くと、
道路を曲がって林道みたいな所に入りました。
そこからしばらく行くと小屋みたいなのがいくつかありました。
その小屋の前には川(?)があってボートが止まっていました。
何となくジャングルクルーズの雰囲気です。

レンタル器材


小屋の前のテーブルで申込書を書いていると、足のサイズとかウェイトの重さなどを聞かれました。
渡されたレンタル器材は実にまともでした。もちろん新品ピカピカではありませんでしたが、ボロボロという感じでもありませんでした。
レンタル器材がダメだというのは都市型ショップの洗脳によるものなのでしょうか・・・。

他社ボート?


ホームページによると自社ボートを持っていると言うことだったのですが、私たちは乗り合いの他社ボートに乗せられました。
一瞬「あれっ??」っと思ったのですが、自社ボートと他社ボートを比べると明らかに他社ボートの方が大きくて、
設備も良さそうだったので、ある意味ラッキーだったかもと思いました。

ボート


ボートに乗ると、いろんなサービスがそれぞれお客さんを連れていました。
ボートには雨風をしのげるキャビンがあって、椅子にタンクが倒れないように置けるようになっていました。
荷物おきもあって、ウオータープルーフの袋を持ってこなかったのですが濡れずに済みそうです。
そのほかにボートにはトイレとシャワーっぽいものがありました。あと、めちゃくちゃ甘いジュースと水が自由に飲めるようになっていました。

ポイント探し


とうとうボート出航です。ジャングルを2分ほどクルーズすると、湾に出ました。
ポイントは外洋の様子見てから決めるようで、外洋へ向かったのですが荒れていたので湾内で潜ることになりました。
ジャングルクルーズと港めぐりを楽しめました。

保護スーツ


エントリーした瞬間「そんなに暖かくない・・・」と思いました。
水温は28℃でスーツは3mmシーガル着ているのですが、やっぱり5mmのフルスーツが良かったかなと思っていたら、
潜降ロープにくっついている貝で膝をスパッと切りました。やっぱり5mmです。
ウェットスーツを保護スーツと言ったりもしますが、その通りだなと思いました。
そう言えば今回はグローブもしていません。手を切ったら嫌だなと思いながら潜りました。

沈船


1本目は沈潜ポイントになりました。初沈潜ダイビングです。コームラン号と東海丸が並んで沈んでいました。
透明度は10m位で浮遊物が多く伊豆っぽかったです。もう少し透明度があったらよいかもと思いましたが、湾内でしかも台風が接近しているのでしかたありません。
透明度はイマイチだったものの、船を見渡すことが出来たので、初沈潜ダイビングを楽しむことが出来ました。

水面休息


小屋に戻るのかと思ったら、そのままボートの上で水面休息をしました。
ウェットスーツを脱いで濡れた体に風が当たると寒かったです。
暑さ対策は考えましたが、寒さ対策は全く考えていなかったので、ただただ我慢という感じでした。
気温が31℃と言っても日本のようにムアッとした蒸し暑さではなくて、さわやかな感じでした。
体が乾き日差しに当たるといくらか暖かくなりましたがかなりからだが冷えているのが分かりました。

2本目はもっと寒かった・・・


船の上ですっかり冷え切ってしまったのか水の中が1本目よりも寒く感じました。
2本目のポイントはサンゴが沢山ある南国っぽいポイントでした。
景色は南国なのですが寒かったです・・・。


費用


ダイビング以外のグアム



1月のログ , 2005年のログ , グアムのログ

2003年1月24日

2003年1月24日(金)大瀬崎のダイビングログ





2003年1月24日(金)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年1月24日(金)大瀬崎晴13℃西16℃15mロクハンカブリ

昨日とはうってかわり穏やかな日となりました。昨日がひどかった為この天気がとても貴重なモノに感じました。
西風なので外湾が荒れて湾内が湖のように穏やかでした。今日は2本とも湾内を潜りました。

ピカチュウ


正式名称ウデフリツノザヤウミウシ、通称ピカチュウと呼ばれているダイバーに人気のウミウシがいます。
凄い話題なのに、今まで写真でしか見たことがありませんでした。
今回初めて見せてもらいましたが、まさにピカチュウでした。初めて見たのと、
もの凄い小さく「良くこんなの見つけるな・・・!」というのとでダブルに感心しました。

プチ防寒対策


・2日目4本目を潜る時フードのマスクに掛かるあたりがちょこっとめくれているのに気が付きました。
そういえば、過去3回のダイビング頭のあたりが寒いなと思ったのですが、フードがちょこっとめくれていたんですね・・・。気が付いた4本目は頭が寒くありませんでした。
フードはしっかりかぶりましょう。

・ダイビングを終えた後、器材を水で洗います。その時、グローブをしたままで洗いましょう。
今時は冬用グローブをしていると、手先が不自由になり洗いづらくなりますが、素手で洗って手がかじかんできても洗いづらくなります。
それならば、冷たくない方が良いです。

費用



1月のログ , 2003年のログ , 大瀬崎のログ

2003年1月23日

2003年1月23日(木)大瀬崎のダイビングログ





2003年1月23日(木)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年1月23日(木)大瀬崎雨7℃北東16℃15mロクハンカブリ

今日は東からの強い風の影響で外海が穏やかで、湾内がバチャバチャしていました。その為2本とも外海で潜りました。
気温が7℃で雨が降っていました。しかも強風が吹いていました。寒いー!!水温16℃なのに海に入った瞬間「暖かい・・・」と感じたので陸は相当寒かったんだと思います。
海に顔をつけると「海の色が青い!!」水温は低いし珊瑚はないけど、海の青さは沖縄みたいでした。

寒さについて


海に入った瞬間暖かいと感じたのですが、ウエットスーツの気泡が潰れてくるので20mを過ぎたあたりから、手足の6.5mm部分が寒くなってきました。
具体的に言うと腕は全体的に寒く、足はももの前側部分が寒かったです。一番寒いだろうと思っていた、足先はそれほど寒く感じませんでした。
6.5mm×2で13mmになっている胴体部分はそれほど寒さを感じませんでした。
ダイコンを見る限り先月と同じ16℃なのですが、なぜか今回の方が寒く感じました。
気温の関係でしょうか・・・それとも海の所々に水温の低い部分があってダイビングコンピューターがそれを反映出来ていないのでしょうか・・・
50分前後潜っていましたがダイビングを中止しなければ寒くてたまらないと言う状況にはなりませんでした。

モクズショイ


そこら辺にあるゴミ(藻屑)を拾って自分の体にくっつけていき、まわりの景色に同化して外的から見つかりにくくしている蟹の仲間です。
最近「ゴミ屋敷」とか「片づけられない人」って言うのを良くテレビでやっていますけど、それを思い出したりして妙に感動してしまいました。

この日撮影してもらった壁紙

費用



1月のログ , 2003年のログ , 大瀬崎のログ

About 1月のログ

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「 1月のログ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは 3月のログです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ