伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

2005年のログ アーカイブ

2005年6月14日

2005年06月14日(火)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎28  2005年06月14日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年06月14日(火)大瀬崎晴27℃北東-中18℃8mロクハン



とても良い天気でした。気温も30℃近くになって暑い一日となりました。

スノーケリングも楽しい


遅刻した人がいたので、1時間くらい待つことになりました。
潜る準備を終えてボーッと待っているのもつまらないので
スノーケリングをしたのですが、
水深7~80cm位の所にも魚が沢山いて楽しめました。
ダイビングの空き時間には昼寝をしてしまっているのですが、
たまにはスノーケリングでもしてみようかなと思いました。

2度の越冬をしたクマノミのペア

死滅回遊魚と言って秋頃に暖かい海から流れてきた魚は
冬になって水温が低くなると死んでしまうのですが
このクマノミたちは2度の越冬をしている強者です。


ダイビングコンピュータおかしくなる


水中で水温を見たくてボタンを押したら表示されなかったため
2つのボタンを押しまくっていたら、
「VIOLATION」と言う表示が出てきて減圧計算をしなくなってしまいました。


陸に上がって説明書を見ると
私の持っているコンピュータは水中で水温を見る時、
左右のボタンのうち右を押すと表示されるみたいですが
もう、水中で水温を気にしないようにしようと思いました。

冬の魚マトウダイの幼魚


冬になると悠然とした姿を現すマトウダイの幼魚を目撃しました。
成魚は銀色なのですが、幼魚は海藻に擬態をするため苔が付いたような緑色でした。




この日撮影した壁紙費用


6月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年6月 8日

2005年06月08日(水)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎27  2005年06月08日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年06月08日(水)大瀬崎雲晴25℃南-弱17℃8mロクハン


雨は降りませんでした。


出発前の予報で今日は雨だったのですが、
結局雨は降らずに時より晴れ間も見えました。
雲が多かったので昨日ほどではないものの、昨日同様暑い一日となりました。


外海は凄いことになっていましたが、湾内は台風が近くにいるとは分からない程、穏やかな感じでした。


台風の影響で他のポイントから移動してきた人々がいたようで平日にしてはにぎやかな感じでした。

ロクハン修理


「いつの間に・・・」と思うほど簡単に破けてしまいます。
今回はロクハンを着ようかなと思った時に破れかかっているのを発見しました。
「あらら・・・」と思っている様子をダイビングサービスの人が見ていて
慣れた手つきで修理してくれました。

どうも有り難う御座います。


ロクハンが乾いたら傷など無いか点検してみたいと思います。

また、バックルが・・・


2本目を潜り終えフィンを見てみると、またもやフィンのバックルが割れていました。
壊れ方も前回と一緒のところが割れていました。
連れの持っているマンティスフィンのバックルを見みるとかなり頑丈そうだったので、比較してみたらクレッシーのバックルの方が柔な印象がありました。
水中での使い心地を気に入っているので残念です。



下調べ6月06日この日撮影した壁紙費用



6月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年6月 7日

2005年06月07日(火)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎26  2005年06月07日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年06月07日(火)大瀬崎晴25℃南-弱17℃8mロクハン


台風接近中


台風接近中とは知らずに申し込んでしまったのですが、さすが大瀬崎!外海は潜水禁止だったものの湾内は多少白っぽかったものの波うねりなどはなく
いつもと変わらない感じでした。

暑い・・・


水温は17℃位なのでロクハン着ないと寒いのですが、陸上は25℃と真夏並みでもの凄く暑かったです。
ロクハンを着た後水を入れたり頭から水をかぶったりしてみたのですが、強い日差しがじりじりと当たるので
効果は30秒くらいしかなく器材を背負おうかとする時にはもう暑くなっているような感じでした。
今日は特に潮が引いていてゴロタのすぐそばまで歩いていくような感じで余計に辛かったです。

ミノカサゴを踏む


着底した方が体が安定するため写真を撮ろうとする時は大体ヒザを海底に付けます。その時、一応生物などを確認するしてはいるのですが、
今回はしていなかったようで、着底した瞬間ヒザにチクッと痛みを感じました。「あれっ?」と思い見てみると
怒ったミノカサゴがいました。

人間が来ると大体の魚は逃げていくのですが、どうやらミノカサゴは人間を恐れていないようです。
その後、「足腫れたらどうしよう」とか「着底する時は気をつけないといけないな」とか心配になりましたが
ちょこっと刺された跡があっただけで
心配したほどの事にはなりませんでした。




下調べ6月06日この日撮影した壁紙費用


6月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年5月11日

2005年05月11日(水)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎24  2005年05月11日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年05月11日(水)大瀬崎晴20℃北東-弱17℃10mロクハン


昨日と反対の東よりの風になったので、湾内が少し波立っていて外海は静かでした。
潮が引くと潜りにくくなるので、今日は1本目を外海2本目を湾内という感じで潜りました。

上は移動後に


昨日はロクハンを着てから移動したらオーバーヒートしてしまいました。
なので、今日は下だけ着て移動して上はポイントに到着してから上を着たらオーバーヒートせずに快適に潜れました。

柵下のドロップオフ


柵下のドロップオフは透明度が良くて晴れていると、とても綺麗な景色です。
この時期は春濁りで少し残念だったのですが、それでも良い景色でした。


もの凄い数のクロホシイシモチが群れていました。今までに見たこともないような数で圧巻でした。
この付近は水深35m位なのですが、若干先端方向に流れていてちょっと怖かったです。

2日目の余裕


昨日は久しぶりのダイビングだったので、思い出しながら潜るという感じですが、
2日目は何かと余裕を持って潜ることが出来ます。やはりダイビングは間を開けずに潜るのが楽しいと思いました。

ウサギトラギス


ウサギトラギスという魚が大瀬崎で流行っているそうです。一見地味ですが光が当たるとキラキラ光って結構綺麗です。

メスが近づくと求愛のポーズとして黒くて長い背びれをピョコピョコと立てるそうで、そこがシャッターチャンスらしいです。
撮影出来ませんでしたが、目撃することは出来ました。





下調べ5月09日この日撮影した壁紙費用


5月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年5月10日

2005年05月10日(火)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎24  2005年05月10日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年05月10日(火)大瀬崎晴23℃南西-弱17℃10mロクハン

アオリイカ


湾内の産卵床にアオリイカの卵が沢山付いていました。
さらに卵を産みに来ているアオリイカのペアが6~7組くらい来ていたと思います


そう言えば、「台風が沢山来る年はアオリイカは深場に卵を産む」と聞いたことがあります。
その噂が本当だとすると、今年の台風は少ないと言うことになるかもしれません。

春の海


春になると、海底に海藻が生えてきて水中には浮遊物が沢山出てきます。
しばらくは、浮遊物の影響で透明度が悪くなるもようです。

暑くて溺れそうになる・・・。


ロクハンを着てから外海まで台車を押して歩いていったのですが、途中でもの凄く暑くなってしまいました。「もうそろそろ着くから・・・」と
我慢していたのですがエントリーする頃にはオーバーヒートで意識が遠くなっていくように感じました。


オーバーヒート気味で早くエントリーしたいなと思ったのですが、潮がもの凄く引いていて足下がおぼつかず苦労しました。
やっと腰まで水に浸かったと思ったら風向きが南西で少し波立っていたため、
シュノーケルをくわえてフィンを履く時に後ろに倒れて水を飲み溺れそうになりました。

間違いの始まりはロクハンを早く着すぎたことだと思われます・・・。

人なつっこいマダイ


湾内を潜っている時マダイが近づいてきてずっと周りをウロウロしていました。
泳いでいる魚を撮影しようとしても、大抵はピントが合っていなかったりブレてしまったりするのですが、
何度も撮影するチャンスがあったため良い感じの写真が撮れました。

日焼けが出来ました。


1本目を終えてウエットスーツを脱いだら、風が吹いていたので少し肌寒いなと思いました。
しかし、セームで体を拭いて乾かしたら結構過ごしやすかったので、2本目を潜るまで水着のまま日焼けをして過ごしました。
海の季節が始まっています!!



下調べ5月09日この日撮影した壁紙費用



5月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年1月18日

2005年01月18日(火)グアムのダイビングログ






グアム1  2005年01月18日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年01月18日(火)グアム晴31℃北-強28℃15m3mmシーガル

穏やかだと思ったら・・・


夜ホテルに到着して海を見ると、凪いでいました。「台風が近いのに、何でだろう?島の反対側だからかな?」とか思っていたのですが、
翌朝、海を見てみるとなぜ凪いでいるかが分かりました。ホテルから見えるタモン湾は外洋と湾の間にサンゴ礁があって湾の中まで波が来ないようになっていました。
サンゴ礁の外側を見ると白波が立っていました。

ホテルからの送迎


ホテルのロビーで待っていると迎えの方が来ました。ホテルが集まっているタモン地区からしばらく走って行くと、
道路を曲がって林道みたいな所に入りました。
そこからしばらく行くと小屋みたいなのがいくつかありました。
その小屋の前には川(?)があってボートが止まっていました。
何となくジャングルクルーズの雰囲気です。

レンタル器材


小屋の前のテーブルで申込書を書いていると、足のサイズとかウェイトの重さなどを聞かれました。
渡されたレンタル器材は実にまともでした。もちろん新品ピカピカではありませんでしたが、ボロボロという感じでもありませんでした。
レンタル器材がダメだというのは都市型ショップの洗脳によるものなのでしょうか・・・。

他社ボート?


ホームページによると自社ボートを持っていると言うことだったのですが、私たちは乗り合いの他社ボートに乗せられました。
一瞬「あれっ??」っと思ったのですが、自社ボートと他社ボートを比べると明らかに他社ボートの方が大きくて、
設備も良さそうだったので、ある意味ラッキーだったかもと思いました。

ボート


ボートに乗ると、いろんなサービスがそれぞれお客さんを連れていました。
ボートには雨風をしのげるキャビンがあって、椅子にタンクが倒れないように置けるようになっていました。
荷物おきもあって、ウオータープルーフの袋を持ってこなかったのですが濡れずに済みそうです。
そのほかにボートにはトイレとシャワーっぽいものがありました。あと、めちゃくちゃ甘いジュースと水が自由に飲めるようになっていました。

ポイント探し


とうとうボート出航です。ジャングルを2分ほどクルーズすると、湾に出ました。
ポイントは外洋の様子見てから決めるようで、外洋へ向かったのですが荒れていたので湾内で潜ることになりました。
ジャングルクルーズと港めぐりを楽しめました。

保護スーツ


エントリーした瞬間「そんなに暖かくない・・・」と思いました。
水温は28℃でスーツは3mmシーガル着ているのですが、やっぱり5mmのフルスーツが良かったかなと思っていたら、
潜降ロープにくっついている貝で膝をスパッと切りました。やっぱり5mmです。
ウェットスーツを保護スーツと言ったりもしますが、その通りだなと思いました。
そう言えば今回はグローブもしていません。手を切ったら嫌だなと思いながら潜りました。

沈船


1本目は沈潜ポイントになりました。初沈潜ダイビングです。コームラン号と東海丸が並んで沈んでいました。
透明度は10m位で浮遊物が多く伊豆っぽかったです。もう少し透明度があったらよいかもと思いましたが、湾内でしかも台風が接近しているのでしかたありません。
透明度はイマイチだったものの、船を見渡すことが出来たので、初沈潜ダイビングを楽しむことが出来ました。

水面休息


小屋に戻るのかと思ったら、そのままボートの上で水面休息をしました。
ウェットスーツを脱いで濡れた体に風が当たると寒かったです。
暑さ対策は考えましたが、寒さ対策は全く考えていなかったので、ただただ我慢という感じでした。
気温が31℃と言っても日本のようにムアッとした蒸し暑さではなくて、さわやかな感じでした。
体が乾き日差しに当たるといくらか暖かくなりましたがかなりからだが冷えているのが分かりました。

2本目はもっと寒かった・・・


船の上ですっかり冷え切ってしまったのか水の中が1本目よりも寒く感じました。
2本目のポイントはサンゴが沢山ある南国っぽいポイントでした。
景色は南国なのですが寒かったです・・・。


費用


ダイビング以外のグアム



1月のログ , 2005年のログ , グアムのログ

About 2005年のログ

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「2005年のログ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは2004年のログです。

次のカテゴリは2006年のログです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ