伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2008年11月18日(火)三宅島のダイビングログ | メイン | 2008年11月18日(火)三宅島の海中壁紙 »

2008年11月19日(水)三宅島のダイビングログ

三宅島016 2008年11月19日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年11月19日(水)三宅島晴雲11℃西-強23℃15mロクハン

昨日の夜からもの凄い西風。
トイレで手を乾かすやつみたいな迫力。
しかも、今季最強の寒波がやって来て、気温がぐっと下がっている!!
今日潜れるのか・・・
そもそも東海汽船は出るのか・・・
と、心配な朝でした。

西風が強いほど・・・


ウェットスーツに着替えたけれど、
海を見て潜れないことを確認して帰ってくるのかと思ったのですが、
昨日より風が強いのに、釜ノ尻は昨日より静か・・・
釜ノ尻はそう言うポイントらしいです。
沖の方へ向かう流れも、昨日に比べて弱い感じ。

カメ


また沢山カメを見られました。
どうやらカメが好きみたいなので嬉しいです。

今日は初めて水面へ呼吸をしに行くウミガメを見ることが出来ました。
沖縄でボートから見たことはあったのですが、
水中から見たのは初めてです。

しかし、イボイボのカメがいました。
一時はフジツボが付いていると言われていたらしいのですが、
実はフィブロパピロマというウィルス性の病気のようです。
カメ自身はどう思っているのか分かりませんが、
私が見る限り痛々しいです。
ちなみに、日本ウミガメ協議会と言うのがありました。

帰りの船が揺れまくり


朝の心配事は潜れたし、船にも乗れたので良かったのですが、
今季最強の寒波が来ている中の航海は凄い迫力でした。

港は島影でとても穏やかだったのですが、
出港した途端に凄い揺れ。
港の様子を見るためにデッキへ出ていたのですが、
そこから自分の席にたどり着くまで、大変でした。
普通に歩いているつもりが、いつの間にか欽ちゃん走りになってしまう感じです。
最初は面白かったのですが、段々怖くなってきたので、横になって寝ていました。

幸い気持ちが悪くなることはなかったのですが、
船を下りたのに、24時間以上揺れていました。
船にも二日酔いがあるようです。

11月19日(小潮)
干潮満潮干潮満潮
潮時02:4910:4615:4820:06
潮高32cm133cm111cm125cm

この日撮影した壁紙費用

11月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年11月21日 12:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2008年11月18日(火)三宅島のダイビングログ」です。

次の投稿は「2008年11月18日(火)三宅島の海中壁紙」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ