伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 写真で見る八景島シーパラダイス | メイン | 純正ハウジングのある水中デジカメ2007/03/20 »

海水温の暖かいとか寒いとか

ロクハンを着て潜っているたら、ドライスーツを着ている人に、
「寒くないですか?」と聞かれたことがありました。

確か、その時は11月頃で気温も水温も20℃位で、
晴れていたので、寒くはなく、逆に暖かかったくらいでした。

しかし、そのドライスーツを着ていた人は、
潜った後、「寒い寒い」と言っていました。

その時から、「暖かいとか寒いとかとはいったい何なのだ?」
と考えるようになりました。

水は大気の25倍も熱を奪いやすいらしいので、
気温を例えに使って良いのか分かりませんが、
今日は日本海側に雪が降り、北風が強くて寒いのですが、
もし明日、気温が20℃になったとしたら、「暖かく」感じられると思います。
もしかしたら、「暑い」と感じるかもしれません。

しかし、9月頃に気温が20℃になれば、「涼しい」と感じるはずです。
同じ気温でも、状況によって感じ方が違います。

普段接する水の温度は、お風呂で40℃位、室内プールで30℃位だと思います。
屋外プールや海水浴では20~25℃位ですが、
こう言うのは気温が30℃とかの真夏にしか入りません。

そこで、気温20℃で水温20℃とか言うと、聞くだけで寒くなる気もします。

しかし、数分とはいえ氷の張った湖で寒中水泳する人がいたり、
海女さんはウエットスーツのない時代から一年中潜っていた。
事を考えると、
気温20℃で水温20℃にウエットスーツを着ればそんなに寒くないかも・・・。
と思ったりもします。

水温20℃を寒いと感じないために氷を割って湖に入る訳にはいかないので、
身近なところで、40℃や30℃以外に、
何か水温の新しい基準になるようなものがないかと考えました。

そこで、思いついたのが、
スーパー銭湯の水風呂。
水風呂は本来サウナを使う人が入るのですが、
低水温体験のためにも使えます。

最初はもの凄い冷たくて、
肩まで浸かるのに凄く勇気がいりますが、
一度入ってしまうと意外と平気なのが面白いです。

慣れてくると、20℃の水風呂に10分位入れるようになります。
まず手足がビリビリしてきて、
5分も経つと、肺や気道が冷えているのが分かり、
銭湯内の暖かい空気が、自分の肺や気道で冷やされ、
吐く息が冷たく感じられます。

さらに、水風呂の近くに必ずある手桶で頭から冷水をかぶると、
自動的に気道が詰まるような感じになって、息がしづらくなるのが分かります。
多分潜水反射と言われるものの一部だと思います。

水風呂の水温はお店によって様々で
20℃位の所もあれば17℃位の所もあり、
そう言う違いが分かります。
これは、「水は空気の25倍熱を伝えやすい」と言うことが
体験出来ているんじゃないかと思います。

気温では、1~2℃の違いは分かりませんが、
水温では0.1℃とか0.2℃位の違いも分かるんじゃないかと思います。

本当は、熱い風呂に入ったり水風呂に入ったりを繰り返すと
気持ちが良いからやっているだけなのですが、

こんな体験を日頃からしておくと、
ダイビングの役に立つのではないかなと思ったりしています。

ウエットスーツ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年3月18日 08:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「写真で見る八景島シーパラダイス」です。

次の投稿は「純正ハウジングのある水中デジカメ2007/03/20」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ