伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2006年12月05日(火)三宅島のダイビングログ | メイン | 2006年12月5日三宅島で撮影した海中壁紙 »

2006年12月06日(水)三宅島のダイビングログ






三宅島010 2006年12月06日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年12月06日(水)三宅島雲16℃北-弱17℃15mロクハン


フィン早く脱ぎすぎ・・・


やはり、冬は風が強いので波が高くなりがちです。
その為、エントリー・エギジットに手間取ると波にもまれたりします。
いつもフィンを脱ぐタイミングが早いなと思っているのですが、
早めにフィンを脱いで足が着かずにおっとっととやっているうちに、
さらに沖に流されたり浜に近づいたりしているうちに
大きめの波が来て、のまれます。のまれた時のために、
完全に陸に上がるまではレギュレターで呼吸するようにしています。
その対策よりも、波に飲まれないようにするのが先なのですが、
どうも、波にビビリ「早く上がろう」と焦っている様で早くフィンを脱いじゃうみたいです。

根の上は揺ら揺ら


こんな波の状況なので浜近くの浅いところは結構濁っているのですが、
少し沖に出るだけで、何事も無かったように見えるようになります。
根の上の浅いところは、ゆらゆらと揺らされるのですが、濁っていません。

揺ら揺ら撮影法


ただ魚を見るだけなら問題ないのですが、写真を撮る時この揺れは、なかなか厄介です。
体を固定しようとは思わずに、波のゆらゆらされながらカメラの設定を確認しながら
波の動きを覚えてシャッター半押しでタイミングを見計らい、
エイッと押せば大体うまくいくような感じです。
根の上は明るいのでシャッタースピードが速いのであんまりブレずに済むんだと思います。






12月06日(大潮)
         満潮干潮満潮
潮時06:3511:2416:35
潮高148cm105cm156cm




この日撮影した壁紙費用


12月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年12月 6日 20:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2006年12月05日(火)三宅島のダイビングログ」です。

次の投稿は「2006年12月5日三宅島で撮影した海中壁紙」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ