伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2006年7月3日(月)ケラマのダイビングログ | メイン | 2006年7月5日(水)ケラマのダイビングログ »

2006年7月4日(火)ケラマのダイビングログ





ケラマ20  2006年7月4日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年7月4日(火)ケラマ晴30℃南西-弱28℃30m5mmスーツ


日焼け


やはり、沖縄の日差しはキツいです。腕と背中から首の後ろが真っ赤になってしまっています。
ウエットスーツのチャックを閉める時、背中の皮膚がバリバリで痛い。
水中では首の後ろがウエットスーツと擦れて痛いです。

マクロ?


慶良間なのにクマドリイザリウオを見に行きました。
イザリウオを見に行くなんて伊豆っぽいなと思ったのですが、

やっぱりワイド


その後洞窟をくぐって光のカーテンを見たりするとやっぱり慶良間っぽかったです。
で、その洞窟をくぐる時にファーストステージをぶつけたりしました。
頭をぶつけなくって良かったです。

デバスズメダイ


キンメモドキが沢山いるポイントへ行こうとしたのですが、
遠泳大会をしていたのでデバスズメダイを見に行きました。
サンゴの周りに沢山泳いでいて、危険を感じると一斉にサンゴの隙間に隠れる行動を繰り返しているのですが、
何度見てもずーっと見てても飽きません。


しかし、白い砂が綺麗です。




この日撮影した壁紙費用



7月のログ , 2006年のログ , ケラマのログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年7月 4日 20:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2006年7月3日(月)ケラマのダイビングログ」です。

次の投稿は「2006年7月5日(水)ケラマのダイビングログ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ