伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 三宅島のガス | メイン | 2006年7月4日(火)ケラマのダイビングログ »

2006年7月3日(月)ケラマのダイビングログ




ケラマ19  2006年7月3日(月)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年7月3日(月)ケラマ晴30℃南西-弱28℃30m5mmスーツ

台風が来ているので砂が舞っていたりするのかなと思っていたのですが、そう言うこともなくとても透き通った明るい海でした。
水中では「伊豆で見たら凄い」と言われる魚たちが普通に泳いでいて、誰にも見向きもされない存在になっていることにちょっと面白さを感じたりしました。

マスクずれる


青い海だ~!!と感動したものの、「アンカー無しのエントリーで素早くエントリーしてください」と聞いて慌て
「横波で船が揺れます」とグラグラ揺れる船でよろけながらエントリーしたら手でマスクを押さえるのを忘れて、
マスクがおでこにずれてしまいました。レギュレターはくわえていたので、何事もなかったようにマスクを直して潜行を開始しました。


しかし、エントリーでマスクがずれたことなんか初めてなので、水中でも動揺は続いていていつもよりも呼吸が荒く落ち着かないダイビングになりました。


カメの食事


今までじっとしているか、逃げていくカメしか見たことがなかったのですが、今日は食事に夢中のカメを見ることが出来ました。
岩に生えた海藻を食べているようでした。

サーモクライン


伊豆で冷たい海水と温かい海水が混じり合っているのは良くありますが、慶良間で始めてそれを体験しました。
実際の温度はよく分かりませんが、もの凄く冷たかったり、暖かかったりでとても温度差があるように感じられました。

ゲロッ


船の上が結構揺れていたので、船に上がった瞬間気持ちが悪くなったりしました。
しかし、あっという間に船が港に着き船を下りたら治ったので、大事には至りませんでした。





この日撮影した壁紙費用



7月のログ , 2006年のログ , ケラマのログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年7月 3日 20:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「三宅島のガス」です。

次の投稿は「2006年7月4日(火)ケラマのダイビングログ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ