伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 今月は潜りに行けませんでした。 | メイン | 伊豆の海中待受を更新しました。 »

いろんなものを入れて玄米炊いています。

自分の書いた文章を見ると私が玄米を食べ始めたのは2002年の8月みたいです。
その頃は鼻が詰まってて、アレルギーが何とかなって耳抜きしやすくなるんじゃないかと思い始めたのですが、あんまり鼻づまりに悩まなくなった今も変わらず食べ続け、玄米食が当たり前になってしまっています。
最近は玄米にいろんなものを入れて炊くようになっていたのでそれについて書いてみたいと思います。

まず、最初に入れ始めたのが塩です。これは玄米にはカリウムが多くそれが苦みになるため塩(ナトリウム)で中和すると言うものです。食べてみると確かにそんな感じがします。

次に、玄米のパサパサ感を何とかするために入れたのが押し麦です。私の場合普通の水加減をしてから一合に付き大さじ一杯くらい入れてました。押し麦だけでなく普通の白米を入れてももちもち感が出ます。

さらに少し前に爆発的に流行った寒天も勢いで1kgも購入してしまったので、それもパサパサ対策で入れています。一合に付き小さじ一杯程度しか使わないのでいつになったら1kg使い切るか分かりません。寒天はスーパーとかで見ると結構高いのですが、楽天では1kg送料込みで5000円くらいで買えます。

そして、最近流行っている雑穀米が気になっていたのですが、値段を見ると米に比べるとかなり高いので「どうしようかな〜」と思っていたのですが、1kg900円くらいで買えるとこを見つけたのでとりあえず買ってみて、入れています。五穀米には押し麦とか「もちあわ」なんかも入っているのでやはり、パサパサ対策に使えます。

さらに、3日前から入れ始めたのが緑豆です。スーパーの雑穀米コーナーには豆が入ったものも売っていて2〜3時間浸水させれば通常の炊き方で良いと書かれていたので、買って入れてみました。豆を入れる前は苦み対策の塩味が少しする程度で別に問題ないのですが、豆を入れると炊き込みご飯的な色合いが出てきてほのかな塩味で良いのかな?と思いました。
おそらく、ほのかな塩味と豆のほのかな甘みを楽しむものなのでしょうけど、しばらく考えてみたいと思います。

と言うわけで私が玄米を炊く時は塩・粉寒天・五穀米・緑豆を入れています。水加減は入れない時と同じで平気です。始めて五穀米や豆を入れた時、水加減を気持ち多めにしてみたのですが、なんかぐっちゃっとなってしまったので、水加減をしてから入れてます。大さじで一杯ずつ豆や五穀米入れても水加減には影響しないみたいです。

耳抜き・鼻炎

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年4月24日 15:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今月は潜りに行けませんでした。」です。

次の投稿は「伊豆の海中待受を更新しました。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ