伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2006年03月22日(水)三宅島の海中壁紙を追加 | メイン | 初心者ダイバーの気持ちメールマガジン No.17を発行 »

三宅島のダイビングログを追加

三宅島のダイビングログ3/22分を追加しました。

大久保浜の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

明日は荒れる?


「23日は三宅島の上を低気圧が通過するので22日に帰ったほうが良い」というアドバイスを受け
予定を1日繰り上げ今日1本潜り14:20発の船で帰ることになりました。


朝、起きてみると、昨日の風がウソのようでした。
沖のほうを見ても白波が無く嵐の前の静けさなのでしょうか・・・。

意外と綺麗


海が穏やかなので昨日潜れなかった大久保浜で潜ることになりました。


最近低気圧が何度も通って昨日もあれだけ波立っていたのに、
海に入ってみると岸に近いところは確かに濁っていたものの
少し沖に出ると綺麗になっていました。ちょっとすごいと思いました。
岩と泡の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

伊豆と沖縄


昨日の釜の尻とは違いここは魚がいっぱいいました。

ハナアナゴがいると思えばモンガラカワハギがいたり

ウミスズメがいると思えばでっかいモヨウフグがいたり・・・と、
海洋公園にいるような慶良間にいるような感じでとても楽しかったです。
イバラカンザシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

逃げない魚たち


伊豆あたりでクマノミを撮影しようとすると、クマノミたちは起こりだしレンズや手袋をかじられたりするのですが、
三宅島のクマノミは攻撃するそぶりを見せませんでした。


イバラカンザシも撮影しようとすると引っ込んでしまうものが、三宅島では撮影終了してその上を泳いでも
なかなか引っ込みませんでした。


その他にも生き物たちがこちらを警戒していないんだなと思える場面に遭遇しました。
こういうタイミングの海は貴重ではないかと思いました。
クマノミの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

ガスの影響


ガス観測や風向きなどからガスの動きが分かり、
万一の時の情報伝達も充実しているためガスの影響は
私のような島外の人が心配するほどのことはありませんでした。

竹芝の売店で買うガスマスクも結局は使わないまま良いお土産になると思いますので
興味のある方は行ってみてください。私も、また行ってみたいと思います。


アレルギー体質の私で心配性の私がそう思うので、たぶん大丈夫なんじゃないかと思います。
ちなみに、三宅島ではスギ花粉も飛んでないようです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年3月24日 12:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2006年03月22日(水)三宅島の海中壁紙を追加」です。

次の投稿は「初心者ダイバーの気持ちメールマガジン No.17を発行」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ