伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2005年6月30日(木)ケラマのダイビングログ | メイン | 2005年7月1日(金)ケラマで撮影した海中壁紙 »

2005年7月1日(金)ケラマのダイビングログ




ケラマ18  2005年7月1日(金)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年7月1日(金)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ


ボートで移動中カメの交尾シーンを目撃してしまいました。
カメは海面まで上がってきてするそうです。写真を撮ろうかと思ったのですが、慌てていて撮れませんでした。

アンカー無いの??


アンカーがあるとゆったりと潜れて楽しいのですが、
昨日からなぜかアンカー無しで潜行浮上するようになってしまいました。
アンカー無しで潜る時は合図で一斉にエントリーして
素早く船から離れます。そして船との距離が十分取れたのを確認してから
ガイドさんの合図で潜行します。
これがなかなか緊張感があって、ドキドキしてしまいます。
そう言うところは流れがあったりしてさらにドキドキしてしまい。
海底に着いてからしばらくの間は息が上がってしまっています。
こういうスタイルに慣れることが出来るのでしょうか・・・。

オニヒトデ


ガイドさんはオニヒトデを見つけると潰していました。
2年前は網に入れて土に埋めていたのですが、
最近はその場で潰したり切り刻んだりするようです。
オニヒトデは強くて半分に切ったくらいでは死なないそうで、
内蔵を魚に食べさせて再生出来ないような感じにすると良いそうです。
それまではその様子を見てるだけだったのですが、
オニヒトデが沢山あったポイントがあって、
ガイドさんや常連さんが一所懸命退治している姿を見て自分も退治してみたくなりました。
「退治したくても道具がないな・・・。」と思っていたところ、
ちょうど良いところに
使えそうな死んだサンゴがありました。
それを使ってほじくり出して退治のまねごとをしてみました。
今まで必要性は感じなかったのですが、つんつん棒買っちゃおうかなと思いました。


6/25下調べこの日撮影した壁紙費用


7月のログ , 2005年のログ , ケラマのログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年7月 1日 20:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2005年6月30日(木)ケラマのダイビングログ」です。

次の投稿は「2005年7月1日(金)ケラマで撮影した海中壁紙」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ