伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2004年07月13日(火)伊豆海洋公園のダイビングログ | メイン | 2004年07月14日(水)伊豆海洋公園で撮影した海中壁紙 »

2004年07月14日(水)伊豆海洋公園のダイビングログ






海洋公園22  2004年07月14日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2004年07月14日(水)海洋公園晴31℃西-中19~23℃5~10m5mmスーツ
1.5mmショートジョン


今日も海洋公園は静かでした。


クマノミが卵を育てていました。卵を守るため、
卵を持っていないクマノミよりも凶暴な気がしました。


ベニイザリウオもお腹に卵を抱えていました。



ネンブツダイやクロホシイシモチはオス・メスのペアで泳いでいてオスの口の中で卵を育てています。

じーっと見ていると、たまに口を開け、卵ぽろっと出したりします。

お魚天国


2の根の先っちょはハナダイやらサクラダイ・スジハナダイアジ・イサキ・スズメダイなどが、
ものすごい群れていました。

沖だし


海洋公園では夏の間深いところにある冷たい潮のところで、
沖へ引き込むような流れが発生するそうです。
移動中その「沖だし」遭遇しました。





下調べ7月12日この日撮影した壁紙費用

7月のログ , 2004年のログ , 海洋公園のログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年7月14日 14:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2004年07月13日(火)伊豆海洋公園のダイビングログ」です。

次の投稿は「2004年07月14日(水)伊豆海洋公園で撮影した海中壁紙」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ