伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 鼻レーザー手術その後 | メイン | 鼻炎レーザー手術から42~82時間後の様子 »

レーザー手術は後が辛い。

急に鼻水が(手術後3~4時間後)

手術後3~4時間後から急に鼻水が出てきました。鼻水の量はものすごくて、ゴミ箱はティッシュの山ですぐに満杯になりました。鼻の下は鼻のかみすぎでガビガビになりました。

鼻水から鼻づまりへ(手術後7~8時間後)

最初は鼻をかめばかんだだけ鼻水が出ていたのですが、手術後7~8時間後の夜頃には、だんだんに出てくる鼻水の量は少なくなり、ただ鼻が詰まっているだけになりました。鼻づまりは鼻のあたりが重いなと感じられるくらいいつものとは比べものにならないくらいすごいものです。

口の中はカラカラ苦しくて眠れない・・・(手術後12~18時間後)

口でしか呼吸できないため、口の中はカラカラ。口の中が乾燥しないようにとマスクをするのですが、たまに、なんの前触れもなくいきなり鼻からツーッと鼻水が垂れてくるので、マスクが汚れないようにと、ティッシュで作った鼻栓をしました。こんな状態で寝ようと思ってもなかなか眠れるもんじゃありません。

朝起きてみたら・・・(手術後18時間後)

やっとの思いで眠りにつき起きてみたら口の中がカラカラ口の中の粘膜が干物のようになってしまいました。ただ、寝て起きたら鼻づまりは、かなり軽くなってきていて山は越したかなと言う感じになりました。

落ち着いてきました(手術後30時間後)

手術後30時間くらいたった翌日夕方頃になると、鼻で呼吸できる機会が増えてきました。やっと手術前の状況に近づいてきた感じです。

手術の後が辛かった

手術後の痛みですが、麻酔が切れ始めた時にヒリヒリする感じはあったので1回だけ処方された痛み止めを飲みましたが、その後あまり痛いという感じはしませんでした。レーザー手術の後2~3時間後からしばらくの間、酷い鼻風邪にかかったようになります。手術で体が傷ついたことが原因なのか、鼻づまりのため眠れないためか、よく分かりませんが、風邪の治りかけの時のような倦怠感がありました。体が疲れているにもかかわらず鼻づまりが苦しくて眠れない夜中には、「自分の鼻は一生詰まったままになってしまったのではないかという」手術したことを後悔するような感情におそわれました。

手術後の辛さは予想外・・・

手術中の痛さのことや手術の効果のことはあれこれ考えましたが、手術後の鼻水鼻づまりがこんなに酷いものとは思いもしませんでした。 喉元過ぎれば熱さを忘れると言うことわざがあるので、このまま、鼻づまりが収まり鼻がスースーするようになれば、今回の鼻水鼻づまりのことは忘れてしまうのでしょうが、辛かったです。

レーザー手術

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年3月 3日 22:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「鼻レーザー手術その後」です。

次の投稿は「鼻炎レーザー手術から42~82時間後の様子」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ