伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 鼻炎レーザー手術から42~82時間後の様子 | メイン | レーザー手術1週間後の診察 »

鼻炎レーザー手術から90~149時間後の様子

手術から5日目の朝(手術後90時間後)

朝起きるて鼻をかむといつものように黄色い鼻水が出ました。鼻が曲がって細くなっている方の鼻(右)が詰まっていて、反対側(左)は通っていることが多くなりました。これって、手術前と一緒・・・。まだ、手術から1週間経っていないので何とも言えないのですが、やっぱり、鼻中隔湾曲症の手術をしなければならないのかなと思ってきました。

デカイかさぶた(手術後98時間後)

相変わらず鼻が曲がって細くなっている方(右)が詰まっています。自分なりに理由を考えてみますと、
左右同じように粘膜の腫れが収まってきても、鼻中隔が(右に)曲がって狭くなっているのでなかなか通るようにならないのではないか。と言うことになりました。で、そんなことを考えながら鼻をかんでみたら、鼻水とともに大きめの「かさぶた」が出てきました。ちなみに、詰まっていない方の鼻(左)から出てきました。

鼻が通ってます。(手術後103時間後)

鼻中隔湾曲症の手術をしなければならないかなぁ、と心配していたのですが、急に両鼻が通るようになってきました。このまま詰まることなく通っていてくれればなと思います。今まで経験したことのないくらいの勢いで、鼻の中に空気が入ってきます。そうすると、手術で焼いた部分がヒリヒリします。何となくこのヒリヒリが刺激になって鼻水が出てるような気がします。例によってまた鼻の穴を見てみると、取れて無くなったはずのかさぶたがまた出来ていました。「かさぶた」は出来たり取れたりを繰り返すようです。

手術から6日目の朝(手術後115時間後)

朝起きて鼻をかむと、また「かさぶた」が出ました。鼻の穴を見てみると、昨日あった「かさぶた」が無くなって血がにじんでいました。「かさぶた」はまだまだこれからも出来そうで、粘膜にはこれから「かさぶた」になりそうなところがありました。鼻はまだ通っています。鼻が通るのは嬉しいことなのですが、吸い込んだとき冷たい空気に刺激されてヒリヒリして痛いです。

鼻中隔湾曲症(手術後123時間後)

鼻中隔が曲がって細くなっている右側が詰まってきました。粘膜は確かに少なくなりましたが、出っ張った鼻中隔でふさがっています。やっぱり鼻中隔を工事しなければ本当の鼻スースー生活は実現しないのかなと思ってきました。

手術から7日目の朝(手術後139時間後)

鼻中隔が曲がって細くなっている右側が詰まっています。広い方の左側は通っていて粘膜には「かさぶた」が付いているので、それが取れればもっと通るようになると思います。

有り得ない大きさ(手術後144時間後)

鼻水はほぼ収まっていて、鼻をかむ回数も1日数回というレベルになりました。お昼頃鼻をかんでみると、広い方の左側の鼻から大豆くらいの大きさの「かさぶた」が出てきました。今までにない大きさなのでビックリしましたが、かなりスッキリしました。

バランスが大事(手術後149時間後)

細くなっている右側もずいぶん通るようになってきました。しかも、鼻で思いっきり呼吸してもヒリヒリ痛いと感じることが無くなりました。右側が手術前に比べ通るようになったとしても、左側が何の抵抗もなく呼吸できるようになったため、右側の詰まりが強いように感じてしまいます。

レーザー手術

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年3月 8日 22:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「鼻炎レーザー手術から42~82時間後の様子」です。

次の投稿は「レーザー手術1週間後の診察」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ