伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2003年6月25日(水)ケラマのダイビングログ | メイン | 2003年6月27日(金)ケラマのダイビングログ »

2003年6月26日(木)ケラマのダイビングログ




ケラマ8  2003年6月26日(木)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年6月26日(木)ケラマ晴30℃西27℃30m5mmスーツ

初めての3ダイブ


今まで、1日2ダイブと言うのが基本だと思っていたのですが、ケラマに潜りに来る人たちは1日3ダイブというのが基本みたいです。
第4日目、昨日までは1日2本のペースで潜っていたのですが、ほかの方たちは1日3本潜っていました。
私もそれに流されるように今日は3本潜ることにしました。
渡嘉敷ではダイビングサービスと民宿をかねているところが多いので楽だとは思うのですが、
やっぱり昨日までのペースに比べてかなり慌しかったです。
昨日はでは8:30位に朝食を食べ終わって11:00の集合時間までボーっとすごしていたのですが、
1日3本潜るとなると朝食を食べ終わってから30分後の9:00集合。
ダイビングの合間もあっという間でウェットを脱ぐ暇もない感じでした。

ほんとに間近のウミガメ


今回のケラマ滞在で2度目のウミガメ遭遇となりました。しかし、今回は本当に手が届くところ。と言うか、
ウミガメにぶつかられそうになりました。
ウミガメは優雅でかっこよかったです。

激流(?)ポイント


昨日よりもっとすごい流れのポイントに行きました。
吐いた息の泡が上ではなく横に流れて行きます。耳に水の流れがあたる音も聞こえてきたりしてすごかったです。
移動も這いつくばって死んだ珊瑚を選びながらつかまって進みました。
流れるポイントだけあってでっかいテーブルサンゴがいっぱいありました。
後からガイドの人が言っていたのですが、今回の流れは入門編らしく、ケラマにももっと流れの激しいポイントがあるらしいです。
また、流れのあるポイントで這いつくばるときは、岩陰とかサンゴの陰とか流れの弱いポイントを探して進むと楽みたいです。

費用



6月のログ , 2003年のログ , ケラマのログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2003年6月26日 20:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2003年6月25日(水)ケラマのダイビングログ」です。

次の投稿は「2003年6月27日(金)ケラマのダイビングログ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ