伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2002年12月17日(火)大瀬崎のダイビングログ | メイン | 2003年1月24日(金)大瀬崎のダイビングログ »

2003年1月23日(木)大瀬崎のダイビングログ





2003年1月23日(木)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年1月23日(木)大瀬崎雨7℃北東16℃15mロクハンカブリ

今日は東からの強い風の影響で外海が穏やかで、湾内がバチャバチャしていました。その為2本とも外海で潜りました。
気温が7℃で雨が降っていました。しかも強風が吹いていました。寒いー!!水温16℃なのに海に入った瞬間「暖かい・・・」と感じたので陸は相当寒かったんだと思います。
海に顔をつけると「海の色が青い!!」水温は低いし珊瑚はないけど、海の青さは沖縄みたいでした。

寒さについて


海に入った瞬間暖かいと感じたのですが、ウエットスーツの気泡が潰れてくるので20mを過ぎたあたりから、手足の6.5mm部分が寒くなってきました。
具体的に言うと腕は全体的に寒く、足はももの前側部分が寒かったです。一番寒いだろうと思っていた、足先はそれほど寒く感じませんでした。
6.5mm×2で13mmになっている胴体部分はそれほど寒さを感じませんでした。
ダイコンを見る限り先月と同じ16℃なのですが、なぜか今回の方が寒く感じました。
気温の関係でしょうか・・・それとも海の所々に水温の低い部分があってダイビングコンピューターがそれを反映出来ていないのでしょうか・・・
50分前後潜っていましたがダイビングを中止しなければ寒くてたまらないと言う状況にはなりませんでした。

モクズショイ


そこら辺にあるゴミ(藻屑)を拾って自分の体にくっつけていき、まわりの景色に同化して外的から見つかりにくくしている蟹の仲間です。
最近「ゴミ屋敷」とか「片づけられない人」って言うのを良くテレビでやっていますけど、それを思い出したりして妙に感動してしまいました。

この日撮影してもらった壁紙

費用



1月のログ , 2003年のログ , 大瀬崎のログ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2003年1月23日 20:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2002年12月17日(火)大瀬崎のダイビングログ」です。

次の投稿は「2003年1月24日(金)大瀬崎のダイビングログ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ