伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

2008年11月21日

2008年11月19日(水)三宅島の海中壁紙

釜ノ尻の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 雄山の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

アオウミガメとキンギョハナダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 キンギョハナダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

ヒオドシユビウミウシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 マダライロウミウシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

海中から見た空の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 泡の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

泡の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 泡の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

海中壁紙

2008年11月18日(火)三宅島の海中壁紙

マツカサウオの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ウミウチワの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

コールマンウミウシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 パイナップルウミウシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

キンギョハナダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ユウゼンの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

イボヤギの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ブダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

砂紋の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 フトユビシャコの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

アカヒメジとヨスジフエダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 キイロイボウミウシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

サザナミヤッコの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 キンセンイシモチの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

ヒラメの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ミツボシクロスズメダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

クマノミの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 クマノミの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

クマノミの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ハマフエフキの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

海中壁紙

2008年11月19日(水)三宅島のダイビングログ

三宅島016 2008年11月19日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年11月19日(水)三宅島晴雲11℃西-強23℃15mロクハン

昨日の夜からもの凄い西風。
トイレで手を乾かすやつみたいな迫力。
しかも、今季最強の寒波がやって来て、気温がぐっと下がっている!!
今日潜れるのか・・・
そもそも東海汽船は出るのか・・・
と、心配な朝でした。

西風が強いほど・・・


ウェットスーツに着替えたけれど、
海を見て潜れないことを確認して帰ってくるのかと思ったのですが、
昨日より風が強いのに、釜ノ尻は昨日より静か・・・
釜ノ尻はそう言うポイントらしいです。
沖の方へ向かう流れも、昨日に比べて弱い感じ。

カメ


また沢山カメを見られました。
どうやらカメが好きみたいなので嬉しいです。

今日は初めて水面へ呼吸をしに行くウミガメを見ることが出来ました。
沖縄でボートから見たことはあったのですが、
水中から見たのは初めてです。

しかし、イボイボのカメがいました。
一時はフジツボが付いていると言われていたらしいのですが、
実はフィブロパピロマというウィルス性の病気のようです。
カメ自身はどう思っているのか分かりませんが、
私が見る限り痛々しいです。
ちなみに、日本ウミガメ協議会と言うのがありました。

帰りの船が揺れまくり


朝の心配事は潜れたし、船にも乗れたので良かったのですが、
今季最強の寒波が来ている中の航海は凄い迫力でした。

港は島影でとても穏やかだったのですが、
出港した途端に凄い揺れ。
港の様子を見るためにデッキへ出ていたのですが、
そこから自分の席にたどり着くまで、大変でした。
普通に歩いているつもりが、いつの間にか欽ちゃん走りになってしまう感じです。
最初は面白かったのですが、段々怖くなってきたので、横になって寝ていました。

幸い気持ちが悪くなることはなかったのですが、
船を下りたのに、24時間以上揺れていました。
船にも二日酔いがあるようです。

11月19日(小潮)
干潮満潮干潮満潮
潮時02:4910:4615:4820:06
潮高32cm133cm111cm125cm

この日撮影した壁紙費用

11月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年11月18日(火)三宅島のダイビングログ

三宅島015 2008年11月18日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年11月18日(火)三宅島晴18℃西-中23℃15mロクハン

鼻血は出なかった


先月潜ったときは、鼻血が出まくりで、
今回も鼻血出ちゃったらどうしようと心配だったけれど、
大丈夫でした。
やっぱり、風邪気味の時に潜ったらいけないな。

カメ沢山


カメのよく見られる釜ノ尻では沢山カメが見られました。
でも、写真は上手く撮れなっかった。
写真撮るより生で見ていた方が楽しいな。

ちょっと濁っていた


最近三宅島に低気圧が来ていたようで、その濁りが残っているみたいでした。
それでも、6時間船に乗っただけあって、気になるほどではなく綺麗でした。

捕食シーン


エソが青い魚(多分ハナハゼ)をくわえていました。
口を動かす度に、どんどんハナハゼがエソに食べられていっています。
シャッターチャンスと思い、近寄っていったら・・・
エソがビックリしてハナハゼを逃がしてしまいました。
う~ん、
エソの邪魔をしたというか、
ハナハゼを助けたというか・・・
なんだか、嬉しいような悲しいような、複雑な感じになりました。

風と波


午後になったら、風が強くなってきました。
波も凄いかも。
潜っている最中ゆらゆらしていました。
エギジットの時、大きい波に翻弄されてハイハイして上がってきました。
若干死ぬかと思いました。
11月18日(中潮)
干潮満潮干潮満潮
潮時01:5109:4514:1819:02
潮高17cm139cm116cm140cm

この日撮影した壁紙費用

11月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年10月13日

純正ハウジングのある水中デジカメ2008/10/13

水中デジカメ ~純正ハウジングのあるデジタルカメラ一覧表~
http://sunahama.jp/digicame/

を更新しました。

μ1030SWの焦点距離とマクロの撮影距離を間違えていました。
正しくは
焦点距離28-114mm
マクロの撮影距離2-50cm/10cm-∞
でした。
ごめんなさい。


今回から、撮影枚数を追加しました。
CIPA規格の撮影枚数というのがあります。

■CIPA規格電池寿命測定方法
・温度23℃で測定。
・未使用の電池、満タン充電の充電式電池を使用する。
・液晶モニターは常にON状態で撮影。
・光学電動ズームの望遠端と広角端で交互に30秒毎に撮影する。
・ストロボを2回に1回、発光させる。
・電源のON/OFFを10秒ごとに繰り返す。

こんな感じです。

メディアは、一番良い規格のものだけにしました。
SDHCとしか書いてなくても、SDカードも使えたりします。
カタログなどでご確認下さい。


買う予定はないけれど、今買うとしたら・・・
μ1030SWPT-043でしょうか・・・


   

水中デジカメ

2008年10月11日

2008年10月08日(水)三宅島の海中壁紙

ウツボの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 イトマンクロユリハゼの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

ソメンヤドカリの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 キヘリモンガラ(幼魚)の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

海中壁紙

2008年10月07日(火)三宅島の海中壁紙

オキナヒメジの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ハマフエフキの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

ヒラムシの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 ハナミノカサゴの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

海中壁紙

2008年10月08日(水)三宅島のダイビングログ


三宅島014 2008年10月08日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年10月08日(水)三宅島雨21℃北東-強26℃10m5mmスーツ

強風


朝起きたら、もの凄い風。
潜れることよりも、船が出るのかが気になる感じでした。

諦めがつくようにと、
色んなポイントを偵察して潜れないことを確認してから、
伊ヶ谷へ。

本当に、防波堤の中を潜るんですね・・・。

防波堤の中でも、結構タプタプしています。

防波堤からエントリー。
こんなの初めてです。

ジャイアントエントリーは、
水面近くのボートからやったことはありますが、
水面から1mも飛ぶなんて・・・

でも、やってみたらそんなに大したことありませんでした。

ひとりでできるもん

左手でホース類をまとめつつ、マスクを押さえて、
右手にカメラを持って高く挙げてジャイアントエントリー。

着水してから足を閉じるようにキックすると、
カメラは水没せずに、着水時の水圧を受けません。

コンパクトなカメラなら、誰かに渡してもらうよりも、
こっちの方が素早いです。

海の中


エントリーして、水が冷たいのであれっ?と思ったのですが、
潜ってみると、暖かかったです。

水面近くが冷たいのは雨のせいらしいです。

外は暴風雨(三宅島では普通)で寒かったので、
海の中が余計に暖かく感じました。


これだけ風が吹いて、タプタプしていれば、
透視度5センチかと思いきや・・・
10m位は見えていました。

浮遊物が舞ながらも、海が青い。

さすが、三宅島。
船に6時間乗っただけの事はあります。


最初は防波堤の中か・・・
と思いましたが、
潜ってみたら、悪くありませんでした。

こんな風が吹いても、
これだけ潜れるのは凄いです。






10月08日(長潮)
         干潮満潮
潮時03:3219:31
潮高53cm126cm






この日撮影した壁紙 費用

10月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年10月07日(火)三宅島のダイビングログ






三宅島013 2008年10月07日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年10月07日(火)三宅島晴雲25℃北東-弱26℃15m5mmスーツ

海の様子


波がありました。
どのポイントも潜り放題という感じではなくて、
大久保浜か、伊ヶ谷と言う感じでした。
で、
今日は2本とも大久保浜。

海が揺れ浮遊物が多かったですが、
海は青かったです。

珊瑚もあるし、魚もいっぱいいるし、
大久保浜は何度潜っても楽しいなぁ。

風邪っぽい時に潜ったら・・・


治ったはずの風邪が2日前に、ぶり返してきた感じがしました。
でも、まあ耳抜き出来るから良いかと潜りました。

エントリーして水深1mにも満たない所で、右側のおでこに少し痛みが・・・
なんか変だなと思ったものの、そのまま潜っていました。
すると、エギジットしてみると鼻血・・・
鼻血は久しぶりです。
でも、耳抜き出来たのに・・・

そう言えば、
耳抜きできなかったときは、
鼻水に血が混じる感じで、
エギジットの時に1回鼻をかめば、
それから血が出ることはないのですが、

今回は普通の鼻血が・・・
これが、サイナススクイーズらしいです。

やっぱり風邪っぽい時は潜ってはいけません。

副鼻腔のうちおでこの辺りは前頭洞<ぜんとうどう>と言うらしく、
サイナススクイーズの起こりやすい所らしいです。


カメラ買い換えたいな


一緒に潜っていた人達が、最近のカメラを持っていました。

もう、今更マクロで20センチまでしか寄れないなんてカメラはありません。
通常モードでも20センチくらい寄れたりします。。

買っちゃおうかな~

携帯のカメラでも320万画素だもんなぁ。
さすがに、200万画素は無いよなぁ。

透明度の良い時は、どんなカメラでも良いんだけれど、
今日みたいにちょっと浮遊物が多かったり、イマイチ太陽の元気がなかったりすると、
マクロをやってみたくなったりします。

やっぱりぞんざいに扱っても大丈夫そうなμ1030SWが、良いかなぁ。






10月07日(小潮)
         干潮満潮干潮満潮
潮時02:3310:0413:3219:15
潮高45cm113cm106cm134cm






この日撮影した壁紙 費用

10月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年9月28日

純正ハウジングのある水中デジカメ2008/09/28

純正ハウジングのある水中デジカメ2008/09/28
http://sunahama.jp/digicame/2008-09-28.shtml

1年ぶりの更新です。

焦点距離28mmの広角レンズの奴が増えてきました。
パナソニックからは25mmとか言う奴もでています。
南の島の青い海へ行く人は広角の方が良いですね~

ソニーの
内蔵メモリ3.71GBって・・・
凄すぎます。
今まで撮った写真を沢山持ち歩けるので、ログ付けの時とか楽しそうです。

もう1000万画素は普通ですねぇ。
私の持っているカメラ200万画素なんですけれど・・・
水没したら買い換え・・・と思っているのですが、
もういい加減買い換えようかなぁ

水中デジカメ


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ